GoogleMapsPlatformに必要なこと

  • GoogleMapsPlatformの変更点

    • 企業のHPなどを作る際に重要となるグーグルマップですが、その仕組みが今年大きく変わりました。


      新しくGoogleMapsPlatformというサービスとなって、さらにユーザーが使いやすい形で継続されています。


      GoogleMapsPlatformを語る上で重要になるのが料金体制です。料金の支払いが後になったため、どのくらいのアクセス数があるのかによって費用が大きく変わることになります。ただ、毎月200ドル分に関してはグーグル側がサービスしてくれるということになっているため、ほとんどアクセス数がないHPの場合は一切お金を支払う必要なくグーグルマップを使用することが出来ます。


      だいたいこの金額で30000ビューくらいは補完することが出来るでしょう。
      また、GoogleCloudPlatformConsoleというソフトウェアが利用できるようになっています。

      これはグーグルマップの費用を管理しやすくするためのツールです。

      GoogleMapsPlatformに関する情報満載のサイトです。

      毎月どのくらい使ったのかとか、ここまでサービスを利用したら止めようといった風に使用することが出来ます。後払いとなったことで、高アクセスが集中すると大変な金額を支払うことにもなりかねないのでこういったものを使って調整することが重要です。



      これからHPを作成する上でGoogleMapsPlatformの機能は外せません。



      今まで利用していたという場合にはどのくらいの金額がかかるのか予想がメールで送られてきているはずです。


      それを参考にしましょう。