GoogleMapsPlatformに必要なこと

  • GoogleMapsPlatformについて

    • 多くの方が利用しているGoogleMapですが、ここ最近新しいサービスとして一新されることになりました。

      その名もGoogleMapsPlatformです。

      今回の変更によって、商業的に使っている人にとっては費用が大きく変わることになるでしょう。
      まず変更点として挙げておく必要があるのはAPIの種類が縮小されることです。APIというのはソフトウェアの一部を外部に公開することで誰にでも使えるようにする技術のことを指しています。

      GoogleMapsPlatformの人気度が上昇しています。

      飲食店のことを検索するとよくHPの中にGoogleMapが表示されていることがあると思いますが、まさにこれのことです。


      このAPIは以前まで18種類ありましたが、今回は3種類まで削減されることになりました。
      この変更で特にこちらが動かなければならないことはありません。

      自動的に継続することが出来るので心配する必要性はないでしょう。

      次に重要になるのが、料金体制です。
      以前まではスタンダートプランとプレミアムプランがあって定額制で運用されていましたが、今回から後払い制に変更になりました。



      使った分だけ料金を支払えばよくなったので、少ししか使用していなかった人にとっては朗報となります。



      逆に、大量に使用していた場合は今以上に割高になることがあります。

      ですが、毎月200ドル分は無料で使えるということもあり、初心者の方でも利用しやすくなったといえるでしょう。GoogleMapsPlatformを使用すれば詳しい地図をHPに掲載することが出来ます。
      GoogleMapsPlatformを使用したことがない方は是非使用してみましょう。